皆さんこんにちは。

先日、供託金カンパが集まらず、都知事選レース撤退を決めた所に、あるお爺さんが一人で80万円も集め「この火を消してはいけない」と言ってくださった事で、私も勇気づけられ、最後の頑張りをと思い福島県関係者に支援依頼のメールを送ったのですが、結果、返事は一つもなく、完全撤退の運びとなりました。

「脱原発、汚染水海洋放出反対」という部分では、福島県民と思いを共有しているはずなのですが、一つになれないんですね。

理由を考えてみると、一つには、「震災後に福島を離れた者と残った者の壁」というものがあると思います。これは震災直後からあった問題なんですが、やはり残って苦しみに耐え、復興に尽力してきた人からすれば、一度でも福島を離れた者は「逃げたやつ」という最低の印象になるのかもしれませんね。なので今回、福島を離れた私が「東京で脱原発を訴えます!汚染水海洋放出も反対と政見放送で言ってやります!」と言っても、簡単には信用できないという思いがあったのかもしれませんね。本当の人間の気持ちというものは中々わかりませんが、今回、支援なしという結果を見れば、何となくわかったような気がします。

しかし私は脱原発は絶対に成さねばならない事だと思っておりますので、一人ででも実現に向けて頑張っていこうと思っています。

そんな思いが選挙公報(案)に込められていますので、是非ご覧ください。コロナの前の1月ごろに書いた下書きです。福島県民が脱原発・原発ゼロを成し遂げるために上京して来たという内容ですが、歌舞伎の仇討っぽくて江戸っ子に好かれるかなと思いながら書きました笑

2020東京都知事選挙公報(案)

東京都民の皆様こんにちは。私、鈴木公成は、福島県出身の原発事故避難者でありますが、今日ここに、東京都知事選挙に「脱原発」一本で立候補する事に致しました。事の経緯をお話しましょう。全ての福島県民の願いは説明するまでもなく「脱原発」であります。故郷を奪われ、原発事故処理も未だ終わらず、希望の持てぬ日々。しかし、国に頭を下げねば復興してもらえぬ現実。この怒りともどかしさを抱えて生活しております。その状況を見かねた私は、「たった一人でも良いから国に立ち向かってやろう」。そう思ったのです。まず手始めは、枝野幸男を討ってやろうと思いました。枝野といえば、原発事故当時、「直ちに影響はない」などと言い、多数の福島県民を放射能被曝させた張本人であります。免疫力のない子供達の中には、甲状腺ガンを発症し、一生消えない傷を負った子も居ます。この者を討つ事こそ、全ての福島県民の悲願であります。しかし、私は考えました。弱小野党に身を落とした小者を討っても世は変わらぬのではないか?やはり国のトップを討つべきではないかと。そこで私は考えを変え、内閣総理大臣、安倍晋三を討とうかと思ったのです。自らを「森羅万象を司る」などと宣う訳ですから、原発が無くならぬ原因もこの者にあるのであろうと。しかし私は考えました。例え、安倍晋三と刺し違えたとしても、また原発マネーに目の眩んだウジ虫の如き政治家が次から次に現れるであろうと。どうしたものか。私は次なる作戦を考えました。将来、総理になりそうな政治家に今のうちから近づき、その者に脱原発を説き、そしてその者が将来総理になった時に、脱原発を実現してもらえば良いのではないかと。そこで私は、小泉進次郎に目を付けました。将来必ず総理になると言われている人物です。そして渡りに船。環境大臣になりました。これは大チャンスだと私は思いました。しかし、期待は裏切られました。この小泉進次郎という男は、とんでもないアッパラパーだったのです。重要な国際会議の場で、セクシー云々と卑猥な言葉を吐き、世界に大恥を晒して帰ってきたのです。このような者が総理になどなれるはずがありません。はてさてどうしたものか。脱原発を実現する為に、命を捨てる覚悟はあれど、その正しき道がみつからないのです。私は考えました。そして最後に辿り着いた答え。それは、「人々の心を変える事こそが、脱原発に辿り着く道ではないか」という境地でありました。原発推進と言えば二度と政治家になれぬ、そういう世論を作っていこうと。その為に私は、この日本国の首都東京で、死ぬまで脱原発を訴えて立候補してやろうと誓ったのです。都民の皆様。勝負です。皆様の心が変わるのが先か、それとも私の命が尽きるのが先か。「参った。お前の勝ちだ」そう思われましたら、どうか私に清き一票を頂けますよう、よろしくお願い致します。結びに、東京、良い街ですね。原発爆発後、各地を転々としましたが、私はこの街が一番気に入りました。もし万が一当選した暁には、全力で職責を全うしたいと思っております。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こんにちは。

6月10日に都知事選撤退を表明したのですが、その後、チラシを見た86歳の方から「知り合いに声をかけて60万円集めました。最後まで頑張りましょう」と連絡を頂き、心を動かされ、私も期日を数日伸ばして最後のお願いをしてみようと思いました。

お願いの相手は、福島県選出国会議員、福島県知事、福島県市町村長であります。

原発問題で国に不満はありながらも、国に頼り、従わざるを得ない、複雑な思いを共有できる方々だと思っての事です。

ツテもありませんので、首長に関しては自治体のHPからの連絡となり、本人に届くかわかりませんが、一応やるだけやってみました。

国会議員については個人HP等から送りまして、秘書さんが目を通すと思いますがどうなるか。

特に自民党の国会議員はどういう気持ちなのでしょうね?原発で福島があれだけ痛めつけられたのに、自民党は原発推進です。複雑な思いを抱えているのか。それとも議員の椅子に座れればよいのか。

とにかくダメ元で以下のメールを送りました。

カンパの最終期日は6月15日です。
はじめまして。元福島県民の鈴木公成と申します。
私は2011年の震災までは須賀川で市議をしておりましたが、その後、県議選で落選し、家も無くなった事から、福島を離れました。
その後は流浪の人生を送っておりましたが、どうしても胸に去来するのは原発事故の事であります。
原爆を投下された日本がなぜ原発に舵を切ったのか。そして悲惨な原発事故を経験しながら、なぜ、それでもなお原発を辞められないのかと。考えても理解できず、口惜しい思いが募るだけです。
さてそんな折、福島では汚染水海洋放出の問題が持ち上がっていると聞きました。
これまで頑張って復興に尽力してきたのに、また30年以上も風評被害に苦しむのかと、関係者の声を耳にしております。
そういった状況を目にし、東京にいる私に出来ることは何かと考え、一つの結論に達しました。
それは、東京都知事選挙に立候補し、政見放送で、
「福島原発は東京電力の物です、東京の電力を供給するための物です、いわば、皆さん東京都民の電力の為に福島県が犠牲になっている状況です。その上さらに汚染水を福島の海に流す問題が持ち上がっています。みなさん、いい加減にしてください。東京のものは東京で責任を取ってください。原発汚染水は東京湾に流すべきです。どうしても福島の海に流すなら、原発ゼロの確約をしてください」
と述べ、芝居を打ってやろうというものです。
批判はあると思います。しかし、日本が脱原発に舵を切るには、人々の目を覚まし世論を変える行動が必要だと考えています。その結果、私自身はどうなっても良いと考えています。
さて、そのような考えで、供託金300万円のカンパ集めようと思っていたのですが、ちょうどコロナの問題が起こり、全く活動できずに供託金も集まらずじまい。あえなく6月11日に出馬断念発表した所です。
しかし本日、噂を聞きつけたのか、86歳の老人から、「知り合いに声をかけ60万円を集めました。最後まで諦めず頑張りましょう」と連絡を頂き、私も最後のお願いをしようと思った所です。
東京に頼れる者はおらず、福島県選出の国会議員、首長の皆様にメールさせて頂きます。
締切は月曜日です。
よろしくお願い致します。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

東京都知事選挙2020立候補を模索しておりましたが、供託金カンパが集まらなかった為、撤退いたします。応援して頂いた方、申し訳ありませんでした。しかし、今後も東京で脱原発・原発ゼロは訴えていきます。今後もご支援よろしくお願い致します。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨日は日本海賊TVさんのネット番組「都政この人に聞く」に出演してきました。

代表の須澤秀人さんには以前、映画「ニート選挙」の関東地域上映会を企画して頂きまして大変お世話になっておりました。

その後、会合に呼んで頂いた際は、都知事選の面白政見放送で有名な後藤輝樹くんとも引き合わせて頂き、その後の「ニート超会議2020」にも繋がっています。

さて今回、都知事選について聞きたいという事でオファーを頂いたのですが、供託金300万円が集まっておらず、現状ほぼ立候補は不可能とお伝えしたのですが、番組に出て最後の訴えをしては如何でしょうかと提案頂き、出演する運びとなりました。

今回の番組の聞き手は、想田和弘監督の映画「選挙」の主役を務めた事で有名な、山さんこと山内和彦さんでした。山さんとは選挙映画繋がりという事で、以前からお会いしたかったのですが、今回それが実現できてとても嬉しかったです。

20200604_155330

話の内容的には、都政全般というよりは、日本の高すぎる供託金問題や、私の経歴からの原発問題がメインとなりました。

本当に供託金の問題さえクリアできれば都知事選に立候補し、政見放送で「東京湾に原発汚染水を!福島の海に流すなら原発ゼロの確約を!」と声を大にして叫びたかったのですが。

一応、供託金の募集は6月10日までとしておりますので、番組で最後のお願いをしてきました。

動画はこちらです。ぜひご覧ください。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

皆さんこんにちは。鈴木公成です。

都知事選で脱原発を訴えるべく供託金集めをしている訳ですが、原発汚染水東京湾放出という公約では中々厳しい状況です。福島での汚染水海洋放出ありきの状況に一石を投じて国民的議論にしたかったのですが難しいですね。

さてそんな中、昨日SNSで酷い誹謗中傷を受けました。自称イラストレーターの鈴木邦弘という男のようです。https://twitter.com/SZKN29

被災地に行って「被災地に行ってる『僕を見て!』」というような自撮りまがいのイラストを描いているようですが、出版社に相手にされず自費出版してイラストレーターと名乗っているようです。

最初はこんな絡みでした。

Screenshot_20200531-125548_Twitter

いきなり「N国の立花とかわんねーな、こいつ」という暴言。信じられませんね。

彼が引用した私のtweetはこちら

「都知事選絡みの話を少し。原発避難者に応援を求めようと「避難の共同センター」という所に行ったら事務局長の瀬戸大作(パルシステム生活協同組合連合会職員、反貧困ネットワーク事務局長)に「私は宇都宮健児の選挙対策本部やってるので協力できない」って言われたんだよ。当事者の挑戦に協力しろと。」

「ちなみにその時、原発避難者が多く住む東雲住宅って公務員宿舎の近くで「家賃補助打ち切り反対!緊急相談会!」とかやってたんだけど相談に来る人はゼロ。よく聞いたら同じ時間に東雲住宅で福島県職員が相談会やってるの。それ見たらこんな変な団体に相談しないよなって思った。パフォーマンスなのよ。」

以上のような、私が体験した避難者を利用しようとする左翼団体についてのtweetです。何も問題ないと思いますが、何か関係があるのでしょう。私は丁寧に対応していたのですが、相手は私が避難者批判をしているかのような捻じ曲げた捉え方をして勝手に段々エスカレート。そして最終的にはこんなリプライが。

Screenshot_20200531-235448_Twitter


「お前」呼ばわり、「詐欺」呼ばわり。本当に酷い暴言、誹謗中傷です。まるで狂犬のようです。そして「俺の絵本を買え」。こんな人間居るんですね。

これで私は話はもう通じないと思い、SNSでのコンタクトを取ることを辞めてほしいと伝えたのですが、聞き入れてもらえず、残念ながらブロックという対応を取る事になりました。

最近は木村花さんのSNSでの誹謗中傷からの自殺という痛ましい事件がありましたが、SNSでの誹謗中傷というのは本当に悪質ですね。

今回この方は実名でSNSをやられているので、自分の発言に責任を持っておられるのでしょう。ですのでここで公開して批判させて頂きます。

皆さん、自称イラストレーターの鈴木邦弘という男は非常に悪質な人物です。関わらないようにしましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ